ミノキシジル配合薬、種類とそれぞれの効果

発毛剤成分の1つにミノキシジルがあります。ミノキシジルはもともとは1970年代後半に血圧降下剤として開発されており、そこでの患者が使用後に体毛が増えたことから発毛効果のあることが知られることになります。現在においては、配合薬として数種類が販売されており、使用方法としては、大きく内服薬と外用薬の2つに分けることができます。
内服薬としてはタブレットがあり、通称ミノタブとも呼ばれ広く知られた薬剤となっています。服用することによって直接体内に取り込むことになるために、外用薬ミノキシジルや他の育毛剤を使用しても発毛効果が得られなかった人にも高い効果を発揮します。反面、副作用が強く出てしまう可能性もあり、用法や用量には十分な注意が必要となります。
外用薬としては3種類があり、それは塗り薬タイプ、スプレータイプ、そして育毛剤となります。塗り薬はクリームタイプの製品となっており、液だれすることなく必要な部位に直接塗布することができます。塗りムラにならないために高い効果を期待することができ、特に前頭部や生え際の薄毛に使用しやすいものになっています。スプレータイプは一回の噴霧で均等に塗布することができ、頭頂部や分け目の部分に利用しやすい製品といえます。そして、スプレー式のために付け過ぎや液だれも最小限に抑えることができます。育毛剤に関しては、他の2つの同じように使用しやすい製品が多く、特に、種類が豊富にあるために濃度や配合、また価格等において自分にあった製品を見つけることができます。
ミノキシジルは最強の育毛剤とも言われており高い効果があることが知られています。ミノキシジルの効果の高さは毛包に直接作用することによって起こり、その結果、毛母細胞が活発に分裂し、毛包全体の成長と髪が太く育つことにつながっていますが、効果が高い分、副作用もあり、使用する場合には製品への理解が大切なこととなります。
■お薦めのミノキシジル配合のAGA治療薬です
ミノキシジルは発毛剤
■あまりお金をかけたくないならジェネリック
ツゲイン

ページトップへ