ミノキシジルとプロペシアの併用で効果アップ

ミノキシジルは高い発毛効果が認められている成分です。臨床試験でも発毛効果が確認されており、そして多くの被験者に薄毛の改善効果が認められたとして製品化されています。
ミノキシジルは主にAGAが原因による脱毛への治療用として用いられており、AGAに対して効果がある数少ない成分として知られています。
ミノキシジルが高い効果を発揮する理由は血管を拡張して毛乳頭細胞や毛母細胞の活動を活性化させる事ができるからです。従来の発毛成分とは一線を画す効果があり、現在の薄毛治療の先端の医薬品として扱われています。
AGAによる薄毛に対して非常に高い効果が望める成分ですが、ただミノキシジルのみですとAGAが改善できない可能性もあるのです。
その理由はAGAの原因になっている脱毛物質の存在があるからですが、脱毛物質は非常に強力に脱毛を促進させる作用があります。ですからいくらミノキシジルで発毛を促進しようとも脱毛作用によって相殺されてしまうのです。その為、発毛効果も低くなる可能性がありますし、また、どんどん薄毛が進行してしまう可能性もあります。
しかしながらプロペシアも併用すれば効果を最大限に発揮させる事が可能です。プロペシアもAGA治療に用いられている薬ですが、この薬には脱毛物質を増加させない為の働きがあります。
つまりプロペシアで脱毛の促進を抑える事が可能であり、そこへプラスしてミノキシジルを利用すればより効果的に発毛を促す事ができるのです。
ですからAGA対策を行う際にはミノキシジルだけではなく、また同様にプロペシアだけでの対策をするのではなく、双方を同時に利用して対策を行うのが薄毛を改善する為の最善の策と言えます。

ページトップへ